新築戸建て購入時に本当に必要な諸費用とその内訳を解説【騙されないように!】

新築戸建て購入時に本当に必要な諸費用とその内訳を解説




新築戸建て物件は一生ものの買い物であり、それに関する諸費用もいろいろと必要になります。

 

これからお家を買う方、気になりますよね、諸費用・・・。

「いったいどんな費用が必要で、いくらかかるんだろう・・・。」

 

そして、各費用によって支払わなくてはならないタイミングが違いますし、相場金額も変わってきます。

 

この記事では、そんな不安を少しでも解消できるように、新築戸建ての建売住宅を購入する場合に必要な諸費用の内訳などをご紹介し、節約可能かどうかなどについてもご案内します。

 

※建売住宅について知識がよくわかっていない方は、事前に以下の記事をご覧ください。

「建売住宅とは?」をわかりやすく解説

 

悪徳業者に騙されないためにも、ある程度必要な諸費用に関しての知識を付けておけば安心感が持てるでしょう。

それでは、見ていきましょう。

 

「新築戸建て購入時に本当に必要な諸費用とその内訳」の記事を読めばわかること

●建売住宅で必要な主な諸費用の項目を一覧で確認できます。

●新築戸建て購入に際して支払うべき各種諸費用は数多くある

●支払いタイミングごとに掲載しているため計画が立てやすい

●一部費用の節約も可能

 

▼【関連情報】お家の購入時に必要な諸費用に関連して、あわせて確認すべきお役立ち情報

新築戸建て購入時の仲介手数料とは?払う必要あり?計算方法は?その仕組みを解説

家・住宅購入後にかかるお金って?【家電・家具、引越し、税金、火災保険など意外に必要】

住宅ローン保証料とは?相場、計算方法、仕組みを解説【初心者向け】

 

 

1,最初に、主な「諸費用」の項目一覧を確認

新築のマイホームを持つことは多くの人の夢でもあり憧れでもありますが、特に新築戸建て住宅は価格も高く敷居が高いと思われがちです。

しかし実際に、数多くの人たちが住宅ローンなどを使用し購入しているという現実もあります。

実際のところ事前チェックをしっかりと行い賢く購入することによって、低いリスクで購入可能でしょう。賃貸とは違い、購入の際には様々な諸費用がかかってきて、それはそれぞれ支払うべきタイミングが異なります。

一般的に知られている「仲介手数料」や「物件費用」そのものだけでなく、それ以外にも多くの「諸経費」がかかります。

新築一戸建てを購入する際に必要な諸費用の詳しいお話をしていく前の前提として、「諸費用にはどんな項目があるのか?」について確認しておきましょう。

主な諸費用の一覧は以下のとおりです。

 

主な諸費用の項目一覧

 

(1)頭金
(2)手付金
(3)仲介手数料
(4)収入印紙代
(5)登記費用
(6)住宅ローンに関する費用(保証料、手数料、印紙代など)
(7)固定資産税など税金関係の支払い
(8)火災保険料
(9)引っ越し費用
(10)家電や家具などの購入費

 

2,新築戸建て購入前に必要になる費用「頭金」について

購入手続きをするに当たってまず必要になるのが、「頭金」です。

「頭金」を支払わずとも全額住宅ローン(フルローン)で購入することも可能ですし、現在ではそういった手法を採用する人も増えていますが、もし「頭金」を支払う場合は物件代金の「10%~20%」ほど用意するケースが多いです。

「頭金」は結果として売買契約時に「手付金」として充当されます。もし頭金を20%程度支払えるのであれば、そのうちの1割程度は決済時に払うのが一般的です。

 

購入前の諸費用まとめ

以下の費用が必要です。

●頭金

 

3,「申し込み時」、「売買契約」の際に必要な諸費用とは?

次に、「申込み時」や「売買契約時」の際に必要な諸費用について確認しておきましょう。

希望の物件が見つかり新築のお家の購入を申し込む際には、申し込みに当たっての証拠金を納めなくてはならないケースもありますが、新築戸建ての際は支払いの必要がないケースも多くみられます。

そして、「手付金」をこの段階で支払い、他には、仲介してくれた不動産業者に支払う「仲介手数料」も発生します。

「仲介手数料」の支払いタイミングは業者によって異なり、売買契約を行う際と決済時に半金ずつ支払うこともあれば、どちらかで一括払いするケースも見られます。

 

▶参考情報:仲介手数料については、以下で詳しくご説明していますので、合わせてご覧下さい。

新築戸建て購入時の仲介手数料とは?払う必要あり?計算方法は?その仕組みを解説

また契約をきちんと締結させるためには契約書に「収入印紙」を貼らなくてはならず、その代金も不可欠です。

 

申込時や売買契約時の諸費用まとめ

以下の費用が必要です。

●手付金

●仲介手数料(無料のケースもあります)

●収入印紙代

 

4,「決済」のタイミングなどで必要になる諸費用

次に、決済時に必要な「諸費用」について見ていきましょう。

 

残り半金の「仲介手数料(半金を先に支払っていない場合は全額)」を納めます。ただ、仲介手数料が無料になる不動産会社もあるため、賢い物件の探し方をして節約するのもおすすめです。

他には、「登記に関する費用」「住宅ローン保証料や事務手数料をはじめとした各種手数料」の支払いが待ち受けています。

 

▶参考:住宅ローン保証料については以下で詳しく解説していますので、あわせてご覧下さい。

住宅ローン保証料とは?相場、計算方法、仕組みを解説【初心者向け】

 

一般的に「固定資産税をはじめとした税金の支払い義務」も生じます。

固定資産税や都市計画税は決済日当日から購入者が負担することとなっているため、すでに支払われているであろう税金の中の自己所有期間分は日割り計算をして売主に対して支払います。

他には欠かすことができない「火災保険」をはじめとした保険関係の支払いもこのタイミングで行うことがあり、そうでなければ後日振り込みや引き落としなどで支払いを行います。

 

決済のタイミングなどで必要な諸費用まとめ

以下の費用が必要です。

●仲介手数料(無料のケースもあります)

●登記に関する費用

●住宅ローンに関する費用(ローン保証料、手数料など)

●固定資産税などの税金に関する費用

●火災保険など保険料

 

5,新築戸建てを購入した後に必要な諸費用

そして、購入手続きが完了した後にも、必要に応じて各種、諸費用がかかってきます。

例えば、住宅ローンを利用した場合には、基本的に数十年にわたって「住宅ローンの返済をする必要があります」し、「固定資産税や都市計画税の税金」は、毎年納めなくてはなりません。

新築戸建住宅の場合は、マンションなどとは違い、自分の責任で必要に応じ、「修繕やリフォーム」なども行います。

これらは経年劣化やその他予期せぬ事情により発生するので購入前の段階では想像できませんが、把握しておくべきです。

他の費用としては旧住宅から新しく購入した新築戸建てへの「引っ越し費用」「家電や家具などの購入費用」もかかってきます。

 

購入後にも必要な諸費用まとめ

以下の費用が必要です。

●住宅ローンの返済

●固定資産税や都市計画税の税金の継続的な支払い

●引越し費用

●家具や家電などの生活必需品の購入費用

など

 

6,購入時の諸費用は「ケースバイケース」で異なる

前段までが、新築戸建ての購入した際に必要な主な諸費用のご説明でした。

物件を購入する際に必要になる諸経費は、前述のように様々ありますが、似たケースであっても特定の費用が不要な場合もあれば、価格に大きな差があるケースも見られます。

ここでは、「購入時の諸費用はケーズバイケースで異なる」ということをご説明しておきます。

まず、「仲介手数料」は利用する業者によって割合が異なり、中には仲介手数料を必要としない無料の業者もあるので注目すべきでしょう。

また住宅ローンに関しても、利用する住宅ローンの銀行ごとや自らの状況によって異なってくる部分も多く、利率や返済期間、借入れ可能金額なども変わってきます。

さらに、法務局にて行う登記を司法書士に依頼をした場合、手数料の金額はそれぞれ異なるでしょう。もし住宅ローンを活用している際には、当然抵当権設定登記も行わなくてはなりません。

 

▶参考情報:「抵当権」の意味がわからない方は、以下をご覧下さい。

「抵当権とは?」をわかりやすく解説!

 

以上のように必要になる諸費用の種類や金額はそれぞれの状況に応じてかなり異なってくることが理解でき、これはある程度早い段階で把握できます。

それに応じて購入への準備を進めたり、金銭的な準備を行ったことも重要なことです。

 

7,節約することができる諸費用をチェック

最後に、気になる「諸費用の節約」についてのお話です。

新築戸建てを購入する人にとって、必要になる諸費用は重くのしかかります。

できるだけ諸費用を節約をして安く済ませるためにも、情報収集やそれに基づいた行動が不可欠です。

節約できる部分は限られてはいますが、いくつかの費用項目に関しては可能です。

 

節約できる諸費用をご紹介

 

●仲介手数料(物件や不動産屋の選び方によっては、相場より安くまたは無料になるケースもあります)

うまく節約できた場合、約100万前後は節約できます。

 

●住宅ローン代行手数料(不動産屋の見積りによく書かれている項目です)

不動産屋が住宅ローンの手続きをしてくれる場合に必要な代行費用です。(住宅ローン手数料とは異なります)

これは不動産屋さんによって金額が異なるので、住宅ローン手続きを自分で進めたり、値引き交渉などでうまくいけば、約数十万は節約できます。

 

など、主に金額が大きなる購入時の諸費用の中で、節約できる項目は上記のような費用があるので、覚えておきましょう。

 

そして、さらにもうひとつ重要なのが、「住宅ローンの選び方」です。

「住宅ローン」は、しっかりと自分たちの現在〜未来にかけての計画に応じた最適なものを選びましょう。

そうでないと必要以上のコストを支払い続けなくてはなりませんし、借り手にとって厳しい条件でローン契約してしまうことになります。

もちろん無条件で貸してくれるわけではないので100%思い通りというわけにはいきませんが、様々な金融機関が用意している住宅ローンサービスの内容や特徴、また審査内容を知り、最適なプラン設計してください。

 

住宅ローンの最適な選び方について

住宅ローンは、素人がちょっと勉強しただけでは、最適な銀行やプランを選ぶことは基本不可能だと思って下さい。

かといって、不動産屋さんに丸投げしてるだけでは、表向きは「お客様に最適な住宅ローンを・・」と言われますが、実際は、不動産屋のいつも使ってる銀行を紹介されて、結果、不利な条件でローンを組まされるというケースはしばしば。

そのため、新築戸建てを購入する前に、事前に住宅ローンの専門家に相談をして、過去や現在のご状況(年収や借り入れ状況など)、未来のライフプランなどを踏まえて、住宅ローンシミュレーションをしてもらい、的確なアドバイスをもらうのがベストな方法ですので、覚えておきましょう。

なお、また「住宅ローンの選び方」については、別記事をご用意しますので、しばらくお待ちください。

 

以上です、節約をするためには特にこれらに注目をしてみることが大切になので、覚えておきましょう。

 

8,まとめ

いかがでしたか?

新築一戸建て購入時に必要な諸費用、そして細かな内訳をご理解いただけましたでしょうか?

新築戸建てを購入するには、物件の費用だけではなくて、それ以外にも諸費用を払う必要があります。登記にかかわる手数料や固定資産税をはじめとした税金、仲介手数料など様々です。

住宅ローンを利用するのであれば、各種手数料を支払うことになり、購入後は毎月返済することになります。

ただ、ある程度早い段階で必要な諸費用の算出することもできるので、諸費用で損をしないためには、必ず事前に余裕を持った計画を立てることが、節約をうまく実現するポイントなので、お忘れなく!

 

記事作成日:2019年02月21日
記事作成者:希野 通貴

 




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。いろいろな不動産屋で売上ナンバーワンを達成してきた元不動産屋営業マン「希野 通貴」です。戸建て・マンションを購入する方が失敗しないように、中立な立場で必要な現役の時には決して言えない情報も含めて発信していきします。初めて戸建て・マンションを購入するされる方は、「右も左もわからない」、「高額な買い物なので不安だらけ」のような気持ちでいらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?そんな方のために初心者向けに必要な情報ばかりを厳選して掲載しています。元不動産営業マン「希野」が教える「家・マンション購入」の本音情報を教えます。また詳しい「運営者情報」もよろしければ参考にご覧下さい。