パワービルダーとは?どこよりもわかりやすく解説

パワービルダーとは?どこよりも詳しく解説




新築の一戸建ての購入を検討されている方は、一度は目にする言葉「パワービルダー」。

「パワービルダーって何?」と、その意味がわからない方も多いと思います。

この記事では、新築一戸建て住宅の購入を検討している人たちにおすすめであり、今話題の「パワービルダーとは?」と「パワービルダー住宅」について説明しています。

価格的なメリット以外にも様々な特徴があるため、この記事を参考にしていただき自分たち家族に最適な住宅を手に入れてください。

 

「パワービルダーとは?」の記事を読めばわかること

●パワービルダーとは、床面積が約30坪くらいの一戸建住宅を土地付きで多数販売している業者のこと。

●パワービルダー住宅が安い理由は、同一バリエーションなどによるコスト削減。

●メリット、デメリットともにあり、購入前には把握しておく。

●ライフスタイルにマッチした住宅かどうかも注意したい。

 

 

1,パワービルダーとは何なのか?

まず最初に、「パワービルダーとは?」の意味から解説していきます。

「パワービルダー」とは、和製英語の不動産用語であり、床面積が約30坪くらいの一戸建住宅を1年間の間に1,000軒以上建築し分譲販売している業者のことをいいます。

パワービルダーが建築した住宅は建物のみならず土地がついており、一般的なファミリー世帯が十分住むことができる大きさです。

主な特徴としては、たくさんの住宅を建築し販売供給しているためそれぞれの住宅の外観デザインや内装は似通っていることが多いです。

「デザインをある程度統一することにより金額的な恩恵も受けられる。」=コストをおさえて建てれるため、販売価格も安くすることができ、購入者も安く購入できます。

これはパワービルダー業者にとっても住宅を購入する人にとってもより良いことでしょう。

「パワービルダー=住宅」だと思っている人も少なくありませんが、建売住宅業者を指しているので要注意です。

 

▶参考情報:建売住宅についてわからない方は、以下で詳しい記事がありますので参考にご覧下さい。

「建売住宅とは?」をわかりやすく解説

年間1,000軒以上販売できるのがパワービルダーの特徴なため、ある程度規模の大きな事業活動を行っていることが多いです。

「バリエーションを統一して比較的安い価格で住宅購入を行う人たちに提供する」、と言うのがパワービルダーの特徴なので覚えおきましょう。

 

2,パワービルダー住宅の気になる価格帯について

次に、「パワービルダー住宅」の気になる価格帯について詳しく解説していきます。

パワービルダーが建築し販売しているパワービルダー住宅は、一般的に「2,000万円~3,000万」円程度で販売されることが多いです。

ただこの価格は土地も含んでの価格なので非常にお買い得なケースも多々見られます。

もちろん土地の価格によってトータルで必要になる金額が左右され、都市部と地方とでは平均価格に差が見られることも少なくありません。

ただしバリエーションの統一やその他様々な作業の効率化などを図れるので、一般的な住宅建築に比べるとかなりお得でしょう。

住宅業界だけでなく、あらゆる業界でいえることですが、部品を大量発注し一気に製品を作るとひとつあたりのコストはかなり安くなります。

この原理がパワービルダー住宅においても作用し、「2,000万円~3,000万円」程度という驚きの安値で土地付きの一軒家を購入できるのです。

外装や内装設備などによっても金額が左右され、通常の住宅購入よりも1,000万円以上安く購入できることも珍しくありません。

ここでは、パワービルダー住宅の価格帯について把握しておいてください。

 

3,なぜ安く建てることができるのか

次に、ここでは、パワービルダー住宅が「なぜ安く建てることができるのか?」について、詳しくご説明いたします。

パワービルダー住宅は通常の住宅に比べてかなり安く建てることができますが、その理由は以下の通りです。

 

パワービルダー住宅が安く建てることができる主な理由

まず挙げられるのは徹底的なコストカットになります。

同じバリエーションの住宅を多数建築していると作業が効率的になり、なおかつ大量発注によりコストダウンを図れます。そして当然人件費も安く抑えることができ、住宅1軒あたりの建築期間も短期間になります。

そして高い技術力を持っているパワービルダーがあらゆる作業を担当するため外注の必要がなく、無駄なコストの削減に繋がります。

そのうえ必要以上の高機能な設備を取り付けることは基本的にないので、設備にかかる費用も抑制できます。

結果的にパワービルダー住宅は安く建てて、通常の住宅に比べて安い相場価格で販売することが可能なのです。

注文住宅とは異なりスピーディーに建築作業が行える、なおかつ価格面を重視した建築が可能になる点も魅力です。前述してきたとおり、土地付きの一戸建住宅で「2,000万円~3,000万円」程度というのはとても安くてお得だといえます。

 

4,パワービルダーのメリットをチェック!

次にご紹介するのは、「パワービルダーのメリット」です。

パワービルダーが建築する住宅にはいくつかのメリットがあります。

 

パワービルダー住宅の主なメリット

最も強調すべきメリットは、土地付き一戸建住宅は一般相場より安く購入できる点です。

人生最大の買い物ともいわれる住宅購入は購入者に大きな負担を与えてしまいます。しかしパワービルダーによる住宅は安く、そのうえ土地も付加されているので安心して購入できます。

そしてパワービルダーは多くの住宅建築を経験していて、技術力も有しています。自社ですべての作業も賄うことができるケースも少なくはありません。一社ですべての建築作業を行ってくれると言うのはとても大きなメリットであり、より良い住宅づくりには欠かせない要素です。

他には、すでに建築されているので注文住宅のように長期間待つ必要もなく、比較的早い段階で入居可能です。既製住宅の購入となるため、住宅の購入の際にいろいろと頭を悩ませて時間を割く必要もないでしょう。

 

パワービルダーの住宅を選ぶと仲介手数料無料で購入することも可能!?

 

最近では、ご存知の方も多いかもいしれませんが、仲介手数料無料の不動産仲介業者も増えてきています。

パワービルダーの物件を購入する際、このような仲介手数料無料の不動産仲介業者に相談すると、通常100万前後かかる仲介手数料が無料になるというメリットもあるので、覚えておきましょう。

 

参考として、新築戸建ての仲介手数料について詳しくは以下を参考にご覧下さい。

新築戸建て購入時の仲介手数料とは?払う必要あり?計算方法は?その仕組みを解説

 

5,パワービルダーのデメリットにも目を向けよう

前段では「メリット」をご紹介してきましたが、ここでは、「パワービルダーのデメリット」についても確認しておきましょう。

パワービルダーによる住宅には、逆にデメリットも存在しています。

 

パワービルダー住宅の主なデメリット

前述してきたとおり、パワービルダー住宅は安いです。

しかし安い反面、必要最低限の設備だけが備え付けられているケースもあります。

高い機能性のある素材の使用や機器の使用が行われていないことも多いです。

もちろん法律で定められた基準を満たしてはいますが、高い機能性を求める場合には注文住宅などと比較すると劣ってしまうでしょう。

 

▶参考情報:「注文住宅」について詳しくは以下の記事で解説していますので、参考にご覧下さい。

「注文住宅とは?」をわかりやすく徹底解説!

「建売住宅vs注文住宅」徹底比較!価格や入居までの期間など違いを解説

 

そしてパワービルダー住宅は近隣一帯に同一デザインの住宅を並べて建築することもあるため、自分ならではの個性を発揮しにくいです。

自分だけの住宅というイメージが湧きにくくなる可能性もありますし、来客がある際に似た家が並びややこしい思いをするかもしれません。

結論としては、自分の希望や思いを反映させた住宅づくりができないという部分が最大のデメリットになります。

 

元不動産屋の希野が語るポイント!

パワービルダーには、メリットもデメリットも双方ともにありますが、総合して見てみると価格のお得さのおかげでメリットが上回っていることのほうが多いです。

実際に、私が不動産営業マンをしてた時代にも、これらのメリットやデメリットを比較した上でパワービルダー住宅を購入して、満足して暮らしている人がたくさんいらっしゃいました。

 

 

 

6,パワービルダー住宅を購入する際に注意したい点について

続いて、「パワービルダー住宅」を購入する際に注意しなければならない点についてもご説明しておきます。

パワービルダー住宅を購入する際に気をつけなければならない点もいくつかあります。

 

「パワービルダー住宅」の購入時の主な注意点

まずは、パワービルダーによって技術力や経験に大きな差があるという点です。

過去にどのような住宅建築を行い販売してきたかを確認し、さらに実際に購入しようと思っている住宅も要チェックです。
アフターサポートの内容や対応力も業者選びの際には重要な要素となります。

また、もっとも注意したいのが、価格が安いため自分たち家族にマッチしていない住宅を無理やり購入してしまうこともありますが、それはやめておきましょう!

ライフスタイルはそれぞれの家族によって異なるため、自分たちに応じたパワービルダー住宅を見つけるようにしてください。

 

7,「パワービルダー」の不動産業者一覧

ここまで読んでいただけたら、「パワービルダーってどんな会社?」って気になる方も多いと思います。

ここでは、「パワービルダーの不動産業者」を一覧でご紹介しておきます。

 

まず前提として覚えていただきたいのが、

 

パワービルダーの不動産会社=「飯田グループホールディングス」

 

といっても過言ではありません。

 

「飯田グループホールディングス」には、以下のグループ会社が存在しています。別々の会社ですが、基本は「飯田グループホールディンス」のグループ会社で、全て「パワービルダー」の不動産会社です。

 

「飯田グループホールディングス」の物件情報サイト「すまいーだ」でパワービルダー物件を検索

すまいーだ

「飯田グループホールディングス」が運営する物件情報サイト「すまいーだ」を利用すれば、パワービルダーの物件を簡単に探すことができますので、利用してみてください。

 

「すまいーだ」の物件検索サイトはこちら

 

「飯田グループホールディングス」のグループ会社一覧

 

1,一建設株式会社(はじめけんせつ)

一建設株式会社(はじめけんせつ)

一建設株式会社(はじめけんせつ)の公式サイトはこちらをご覧下さい。

 

また、以下より物件検索することができます。

一建設が取り扱う「リーブルガーデンサーチ」の物件検索はこちらをご覧下さい。

 

2,株式会社飯田産業

株式会社飯田産業

株式会社飯田産業の公式サイトはこちらをご覧下さい。

 

また、以下より物件検索することができます。

飯田産業が取り扱う物件検索はこちらをご覧下さい。

 

3,株式会社東栄住宅

株式会社東栄住宅

株式会社東栄住宅の公式サイトはこちらをご覧下さい。

 

また、以下より物件検索することができます。

東栄住宅が取り扱う「ブルーミングガーデン」の物件検索はこちらをご覧下さい。

 

4,タクトホーム株式会社

タクトホーム株式会社

タクトホーム株式会社の公式サイトはこちらをご覧下さい。

 

また、以下より物件検索することができます。

タクトホームが取り扱う「グラファーレ」の物件検索はこちらをご覧下さい。

 

5,株式会社アーネストワン

株式会社アーネストワン

株式会社アーネストワンの公式サイトはこちらをご覧下さい。

 

また、以下より物件検索することができます。

アーネストワンが取り扱う物件検索はこちらをご覧下さい。

 

6,アイディホーム株式会社

アイディホーム株式会社

アイディホーム株式会社の公式サイトはこちらをご覧下さい。

 

8,まとめ

いかがでしたか?

「パワービルダーとは?」の意味をご理解いただけましたでしょうか?

パワービルダーは「2,000万円~3,000万円」程度の価格帯で土地付き一戸建て住宅を販売する業者のことです。

コストパフォーマンスの高さには定評があり、建築や販売実績が豊富な業者も少なくありません。
メリット、デメリット双方にありますが、やはり価格が持つメリットはとても魅力的です。

パワービルダーを選ぶ際には、過去の実績や対応能力、住宅そのもの、アフターサポート体制などをしっかりとチェックしましょう。

各々希望する住宅は異なるのでチェックが欠かせません。

パワービルダーはその名の通り圧倒的な建造能力や販売能力を所持し、今の時代になくてはならない存在です。

 

記事作成日:2019年2月15日
記事作成者:希野 通貴




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。いろいろな不動産屋で売上ナンバーワンを達成してきた元不動産屋営業マン「希野 通貴」です。戸建て・マンションを購入する方が失敗しないように、中立な立場で必要な現役の時には決して言えない情報も含めて発信していきします。初めて戸建て・マンションを購入するされる方は、「右も左もわからない」、「高額な買い物なので不安だらけ」のような気持ちでいらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?そんな方のために初心者向けに必要な情報ばかりを厳選して掲載しています。元不動産営業マン「希野」が教える「家・マンション購入」の本音情報を教えます。また詳しい「運営者情報」もよろしければ参考にご覧下さい。