「楽天銀行のフラット35(35S)」金利、審査、団信など住宅ローンを徹底解説!借入可能額シミュレーション付き

「楽天銀行のフラット35(35S)」金利、審査、団信など住宅ローンを徹底解説!借入可能額シミュレーション付き




住宅ローンで「フラット35」を検討されている方であれば、高確率で候補にあがる金融機関がいくつかあります。

今、CMや交通広告などでも積極的なプロモーションをしている「アルヒ(ARUHI)」のフラット35は人気トップクラスですが、今回ご紹介する「楽天銀行」のフラット35もよく候補にあげられる金融機関のひとつです。

 

参考情報:「フラット35」がよくわからないという方は、以下を最初にご覧下さい。

住宅ローン「フラット35」について詳しくはこちら

 

「フラット35」と「フラット35S」は様々な金融機関でも取り扱っていますが、「楽天銀行」に注目してみましょう。

他の金融機関でのもの以上に人気があり、高い実行率を誇っています。

ここでは、「楽天銀行のフラット35とフラット35Sの住宅ローン」の金利や審査内容、団信ほか詳細について詳しく解説していきます。

 

「楽天銀行のフラット35(35S)」の記事を読めばわかること

●フラット35、フラット35Sは審査基準が易しめ

●楽天銀行の場合は他金融機関に比べて低金利

●フラット35Sに該当させるためには「省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性」基準を満たさなくてはいけない

●団体信用生命保険への加入が任意、保証料0円など、魅力いっぱい

 

▶関連情報:「楽天銀行」のフラット35(35S)の住宅ローンについては、以下の公式サイトも参考にご覧ください。

公式サイトはこちら

 

▶参考情報:「フラット35」の住宅ローンを比較する際は、以下の情報も参考にしてください。

「ARUHI(アルヒ)のフラット35」をわかりやすく徹底解説

 

▶参考情報:「楽天銀行」の住宅ローンは、以下の情報も参考にしてください。

「楽天銀行の【金利選択型】住宅ローン」についてわかりやすく徹底解説!

 

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

 

 

1,「楽天銀行」のフラット35とフラット35Sの違いについて

「楽天銀行」のフラット35とフラット35Sの違いについて

まずはじめに、「楽天銀行のフラット35とフラット35Sの違い」について詳しく見ていきます。

 

「楽天銀行」が提供している住宅ローンサービスには、「金利選択型」、「フラット35」、「フラット35S」があります。

今回ご紹介するフラット35とフラット35Sは、長期固定金利型のサービスであり、返済期間中ずっと金利が変動しないので計画性を持った返済が可能になります。

そんなフラット35とフラット35Sの違いについてみていきましょう。

 

(1)金利の引き下げ率の違い

 

両者の違いとして挙げられるのは、金利の引き下げです。

 

1,フラット35の場合

「楽天銀行」のフラット35の金利は、団信ありの場合、1年あたり「1.11%~」です。団信なしの場合は「0.91%」です。

 

2,フラット35Sの場合

これに対してフラット35Sはそれぞれ「0.25%」金利が引き下げられるので、よりお得な状況を作り出せます。

 

数千万円の借り入れとなるので、「0.25%」の違いであっても最終的にはかなり大きな金額になるでしょう。

 

(2)フラット35Sのほうが利用条件が厳しい

 

以上のように適用される金利に差が発生しますが、適用条件にも違いが見られます。

フラット35Sはフラット35よりも利用が難しく、基準を満たしていないと利用することができません。

 

フラット35Sには、「金利Aプラン」・「金利Bプラン」があり、それぞれ定められた「省エネルギー性、耐震性、バリアフリー性、耐久性・可変性」を満たすことになります。

 

通常のフラット35の場合は、フラット35Sよりも住宅・技術基準がやさしくなっています。

ですので、どちらが適用されるかというのは、収入などの個人情報で左右されるのではなく、住宅の性質に関わってきます。

金利や求められる住宅の条件がフラット35とフラット35Sの大きな違いだと認識してください。

 

▶参考情報1:フラット35については、以下の記事でも詳しく解説しています。

住宅ローン「フラット35」とは?審査内容の条件・金利など初心者は必見!

 

▶参考情報2:楽天銀行の【金利選択型】住宅ローンについては以下の記事で詳しく解説しています。

「楽天銀行の【金利選択型】住宅ローン」金利、審査、団信など徹底解説!借入可能額シミュレーション付き

 

2,【こんな方向け!】「楽天銀行」のフラット35(35S)はこんな方におすすめ

「楽天銀行」のフラット35(35S)はこんな方におすすめ

次に、「楽天銀行のフラット35(35S)はどんな人に向いているのか?」について詳しく解説します。

 

「楽天銀行」のフラット35やフラット35Sは、保証料が無料の住宅ローンサービスや保証人不要のものを探している人におすすめです。

他には金利が全期間固定されている点も特徴なので、返済途中に金利の情報に振り回されたくない…という人にも向いているでしょう。

あらかじめ返済計画をきちんと立て、それに基づいた住宅ローンの返済を考えている場合にフラット35やフラット35Sを利用したいです。

一般的な金融機関が独自で提供している住宅ローンは、個人事業主や転職間もない方にはあまり向いていません。

しかし、「楽天銀行」のフラット35やフラット35Sは勤続年数に関するルールがやさしく、幅広い人におすすめです。

 

▶参考情報1:住宅ローンの保証料については、以下の記事で詳しく解説しておりますので、ご覧になってください。

住宅ローン保証料とは?相場、計算方法、仕組みを解説【初心者向け】

 

▶参考情報2:一般金融機関の住宅ローンの審査基準については、以下の記事で詳しく解説していますのでフラット35と比較してみてください。

住宅ローンの審査基準とは?審査項目やポイントなどわかりすく解説!

 

3,「楽天銀行」のフラット35(35S)住宅ローンの主な特徴

「楽天銀行」のフラット35(35S)住宅ローンの主な特徴

続いて、「楽天銀行のフラット35とフラット35S住宅ローンの特徴」について詳しく確認しておきます。

 

両者の違いをしっかり理解し、自分に合った住宅ローンを選択しましょう。

 

(1)主な特徴

 

  • 個人事業主など不安定な職種でもOK
  • 楽天ポイントが付与されるキャンペーンも

 

(2)審査に関する特徴

 

  • 基本的に審査は易しい
  • 審査結果が出るまでが素早い

 

(3)金利に関する特徴

 

  • 返済中の金利が変動することがない
  • 他のフラット35取り扱い金融機関よりも金利が低い

 

(4)保証料に関する特徴

 

  • 保証料が必要なし

 

(5)その他の特徴

 

  • 団体信用生命保険への加入が義務付けられていない

 

▶参考情報:団体信用生命保険(団信)については、以下の記事でも詳しく解説していますので確認しておきましょう。

住宅ローンを組む時に入る団体信用生命保険(団信)とは?わかりやすく解説

 

4,「楽天銀行」のフラット35(35S)の審査について

「楽天銀行」のフラット35(35S)の審査について

次に、「楽天銀行のフラット35(35S)住宅ローンの審査」について詳しく解説していきます。

 

「審査は厳しいのか」、そして「どういった手順で進むのか」、「どんな書類が必要なのか」なども重要なポイントになります。

 

楽天銀行の「金利選択型」」に比べると審査に通りやすく、個人事業主やパート、アルバイトであっても融資してもらえるケースも見られます。

 

(1)審査は厳しいのか?

 

楽天銀行のフラット35、フラット35Sは、通常の金融機関が設けている住宅ローンに比べると審査は甘いです。

とはいえ、申し込み条件に合っていない場合や個人信用情報などに問題がある場合は当然通過できないこともあります。

 

住宅ローンの審査に落ちる際は、だいたい以下のような理由です。参考記事にまとめてますのでご覧ください。

住宅ローンの審査が通らない!?審査に落ちた時のよくある原因をわかりやすく解説!

 

(2)事前審査(仮審査)の解説

 

まずは申し込み者が「楽天銀行」のサイト上で事前審査の申し込みを行います。

入力したデータに基づいて事前審査が進められ、審査が終了すると結果がメールにて伝えられます。

「承認」もしくは「判断不可」という事前審査の結果が出た場合に、申込書類一式が自宅に送付されます。

 

▶参考情報:「楽天銀行」のフラット35(35S)の住宅ローン「事前審査(仮審査)」のお申し込みは、以下の公式サイトで詳しく解説していますので、ご覧下さい。

公式サイトのお申し込み方法のページはこちら

 

(3)本審査の解説

 

事前審査後に送付された書類に必要事項を記入し、その後返送します。

その書類が「楽天銀行」側に到着してから本審査が行われます。

楽天銀行だけではなく住宅支援機構による審査も実施され、1週間~2週間程度を審査の結果が出ます。

 

(4)審査に必要な書類

 

「楽天銀行」のフラット35、フラット35Sの審査を進めるためには、下記のような書類が必要となります。

 

●本人確認書類

 

  • 住民票原本
  • 健康保険証両面コピー
  • 運転免許証両面コピー

 

など

 

●収入関連書類

 

  • 源泉徴収票のコピー
  • 確定申告書および付表コピー
  • 所得税納税証明書

 

など

 

●物件関連書類

 

  • 不動産売買契約書コピー
  • 重要事項説明書コピー
  • 工事請負契約書コピー
  • 敷地の登記事項全部証明書<土地>コピー
  • 土地の公図コピー
  • 住宅地図コピー
  • 検査済証のコピー

 

など

 

そして、フラット35(35S)への申し込み書類として、

 

  • 長期固定金利型住宅ローン借入申込書
  • 今回の住宅取得以外の借入内容に関する申出書
  • 長期固定金利型住宅ローン(機構買取型)借入申込書
  • 個人情報及び個人信用情報の取扱いに関する同意書
  • 長期固定金利型住宅ローン(機構買取型)【フラット35】の特徴について
  • 融資事務手数料優遇申請書

 

なども必要になります。

必要書類についてはケースバイケース異なることもあるので、万全を期す意味でも楽天銀行への事前確認が必須です。

 

▶参考情報:楽天銀行のフラット35(35S)の審査に必要な書類は、以下公式サイトの情報もご覧下さい。

楽天銀行公式サイト「必要書類」について

 

またあわせて、以下も参考にご覧下さい。

 

▶参考情報:住宅ローンの審査に必要な書類については、以下の記事でも詳しく解説しています。

住宅ローンの必要書類は早めに準備を!事前審査や本審査で必要な書類がわかります。

 

(5)審査期間

 

  • 事前審査:8~11日
  • 本審査:7~14日

 

(6)保証料

 

    • 必要なし

 

5,金利プランについて

金利プランについて

続いて、「楽天銀行のフラット35(35S)の金利プラン」について詳しく確認しておきます。

 

「楽天銀行」のフラット35シリーズには、「フラット35」と「フラット35S」のプランがあります。

 

(1)フラット35

 

住宅金融支援機構」と「楽天銀行」が共同で提供しているサービスで、一般的な住宅ローンに比べると融資してもらいやすいです。

また返済期間中は金利が変動することがない点も特徴で、返済計画が立てやすいと言われています。

個人事業主をはじめとした正社員以外の方々であっても審査に通りやすく、申し込みに当たっての基準が緩いと言われています。

 

金利(住宅建設費などに対する借入額が占める割合が90%以内の場合)

 

●団信ありの場合

 

  • 1.11%(15年以上~20年以下)
  • 1.17%(21年以上~35年以下)

 

●団信なしの場合

 

  • 0.91%(15年以上~20年以下)
  • 0.97%(21年以上~35年以下)

 

(2)フラット35S

 

フラット35Sはフラット35を利用する方々が省エネルギー性などに優れた家を購入などする際に活用できるプランです。

フラット35自体も非常に魅力的なプランではありますが、フラット35Sはより金利面での恩恵を受けられます。

ただし上記した省エネルギー性の他に、バリアフリー性や耐震性、耐久性、可変性に優れている必要があります。

 

金利(住宅建設費などに対する借入額が占める割合が90%以内の場合)

 

●団信ありの場合

 

  • 0.86%(15年以上~20年以下)
  • 0.92%(21年以上~35年以下)

 

●団信なしの場合

 

  • 0.66%(15年以上~20年以下)
  • 0.72%(21年以上~35年以下)

 

フラット35Sの方が内容は魅力ですが適用は難しく、金利面でも優遇されます。

 

▶参考情報:「楽天銀行」のフラット35(35S)の金利情報は、以下をご覧下さい。

公式サイトの金利一覧はこちら

 

6,楽天銀行の「フラット35(35S)の審査基準まとめ

楽天銀行の「フラット35(35S)の審査基準まとめ

次に、「楽天銀行のフラット35(35S)の審査基準」を詳しくまとめてみます。

 

(1)店頭金利

 

  • 不明

 

(2)最大優遇金利

 

  • 0.66%

 

(3)審査金利

 

  • 不明

 

(4)返済比率

 

  • 年収400万円未満:30%以下
  • 年収400万円以上:35%以下

 

(5)最低年収

 

  • 規定なし

 

(6)最低勤続年数

 

  • 要件なし

 

(7)諸費用ローン借入

 

  • 可能

 

(8)完済時の年齢

 

  • 79歳

 

(9)産休育休での借入

 

  • 不明

 

(10)事務手数料

 

  • 借入金額×1.404%

 

※108,000円が最低額

 

(11)収入合算やペアローン

 

  • 収入合算:可能
  • ペアローン:不可能

 

(※金利などは2019年8月現在のもの)

 

7,「楽天銀行」のフラット35」の借入可能額シミュレーション

「楽天銀行」のフラット35(35S)」の借入可能額シミュレーション

続いて、「楽天銀行のフラット35の借入可能額」のシミュレーションを確認しておきます。

 

住宅ローンを利用して家の建築や購入をする場合には、あらかじめ借入可能額を調べておくことが重要です。

フラット35の公式サイトには、機構団信特約料シミュレーションのコーナーが設けられています。

 

また公式サイトにもシミュレーションが簡単にできるシミュレーターがありますので、以下も参考にご覧ください。

▶参考情報:公式サイトの「シミュレーション」はこちら

 

【参考】年収ごとの借入可能額シミュレーション

 

※金利:1.170%
※返済期間:35年返済方法
※元利均等
※他の借入などなし

年収 借入可能額
300万円 2,583万円
400万円 4,019万円
500万円 5,023万円
700万円 7,033万円

 

8,気になる保険!楽天銀行の「フラット35(35S)」の団体信用生命保険(団信)について

楽天銀行の「フラット35(35S)」の団体信用生命保険(団信)について

次に、「楽天銀行のフラット35(35S)の団体信用生命保険(団信)」について詳しく解説していきます。

 

フラット35の特徴として挙げられるのは、団体信用生命保険への加入が義務づけられていない点です。

「楽天銀行」からフラット35(35S)に加入する際であっても同様で、金利は「団信なし、団信あり」で分かれています。

加入する場合は0.2%金利が高くなりますが、団体信用生命保険ならではのメリットも得られ、安心感が持てます。

以前は団体信用生命保険料は別途支払う必要がありましたが、2017年10月以降は特約料が不要になっています。

内容が充実しており、「身体障害保障・介護保障」に関する手厚い保障がプラスされています。

 

▶参考情報:「楽天銀行」のフラット35の団体信用生命保険の各内容は、以下公式サイトもご覧下さい。

公式サイトのページはこちら

 

また「団体信用生命保険」の意味がわからない方は、まずは以下の解説記事を先にご覧ください。

住宅ローンを組む時に入る団体信用生命保険(団信)とは?わかりやすく解説

 

9,繰り上げ返済について

繰り上げ返済について

続いて、「楽天銀行のフラット35(35S)」の繰り上げ返済について確認しておきます。

 

「楽天銀行」のフラット35(35S)を利用して住宅建築や購入資金を借り入れた場合、決められたペースで月々の返済を行うことになります。

経済状態によっては繰り上げ返済を希望することもあると思われますが、繰上返済手数料は0円です。

住宅金融支援機構住・MyNote」を使用する場合は1回につき10万円~繰り上げ返済可能です。

それ以外の方法で繰り上げ返済を希望する場合は100万円~となるので注意が必要です。

 

10,「楽天銀行」のフラット35(35S)のメリットとデメリット

「楽天銀行」のフラット35(35S)のメリットとデメリット

最後に、「楽天銀行のフラット35(35S)のメリットとデメリット」について詳しく解説しておきます。

 

「楽天銀行」のフラット35(35S)にはメリットとデメリットがあり、それぞれきちんと把握しておきましょう。

 

(1)メリット

 

  • 他の金融機関が提供するフラット35よりも低金利
  • 一般的な住宅ローンよりも申し込み要件が易しい
  • 審査が甘い
  • 必ずしも団体信用生命保険に加入する必要がない
  • 返済時の金利が変動しないので資産管理しやすい

 

(2)デメリット

 

  • 変動金利に比べると優遇金利が少し高い
  • 物件次第ではフラット35、フラット35Sが利用できない
  • フラット35Sの場合は適用難易度が高まる

 

以上のようなメリットやデメリットがあります。

例えば正社員ではない方や団体信用生命保険への加入が難しい方におすすめです。

 

11,まとめ

「楽天銀行」のフラット35、フラット35Sは通常の住宅ローンに比べると審査に通りやすく、門戸が広いことが分かります。

申し込みの前に特徴や審査について、さらに金利情報などを確認しておくことはとても大切です。

フラット35とフラット35Sの違いについても理解をし、自分たちが購入や建築する住宅がどちらに該当するのかについても知っておきたいです。

メリットやデメリットにも目を通し、検討してみてください。

 

12,【関連情報1】「フラット35」住宅ローンの情報まとめ

この記事では楽天銀行のフラット35、フラット35Sの住宅ローンについて詳しくまとめてみました。

その他のフラット35の住宅ローンについても関連情報として一覧でまとめておきますので、気になる情報があればあわせてご覧ください。

住宅ローン「フラット35」とは?審査内容の条件・金利など初心者は必見!

「ARUHI(アルヒ)フラット35の住宅ローン」審査・金利や評判などわかりやすく徹底解説!

 

13,【関連情報2】銀行系の住宅ローンの情報まとめ

またフラット35の住宅ローンの情報とは別に「銀行系」の住宅ローンについても関連情報として一覧でまとめておきますので、あわせてご覧ください。

 

都市銀行

「三菱UFJ銀行の住宅ローン」審査・金利・借入可能額シミュレーション等どこよりもわかりやすく解説!

「三井住友銀行(SMBC)の住宅ローン」審査・金利・借入可能額シミュレーション等わかりやすく解説!

「りそな銀行の住宅ローン」審査・金利など徹底解説!返済額シミュレーション付き

「みずほ銀行の住宅ローン」審査・金利・団信など徹底解説!借入可能額シミュレーション付き

 

ネット銀行

「住信SBIネット銀行の住宅ローン」金利、審査、評判などわかりやすく解説!借入可能額シミュレーション付き

「イオン銀行の住宅ローン」金利、審査、主な特徴などわかりやすく解説!借入可能額シミュレーション付き

「新生銀行の住宅ローン」金利、審査、評判や安心パックについて徹底解説!借入可能額シミュレーション付き

「じぶん銀行の住宅ローン」金利、審査、団信など徹底解説!借入可能額シミュレーション付き

「楽天銀行の【金利選択型】住宅ローン」金利、審査、団信など徹底解説!借入可能額シミュレーション付き

「ソニー銀行の住宅ローン」金利、審査、団信など徹底解説!シミュレーション付き

 

記事作成日:2019年08月26日
記事作成者:希野 通貴




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。いろいろな不動産屋で売上ナンバーワンを達成してきた元不動産屋営業マン「希野 通貴」です。戸建て・マンションを購入する方が失敗しないように、中立な立場で必要な現役の時には決して言えない情報も含めて発信していきします。初めて戸建て・マンションを購入するされる方は、「右も左もわからない」、「高額な買い物なので不安だらけ」のような気持ちでいらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?そんな方のために初心者向けに必要な情報ばかりを厳選して掲載しています。元不動産営業マン「希野」が教える「家・マンション購入」の本音情報を教えます。また詳しい「運営者情報」もよろしければ参考にご覧下さい。