「建売住宅vs注文住宅」徹底比較!価格や入居までの期間など違いを解説

「建売住宅vs注文住宅」徹底比較!




新築戸建てのマイホームの購入という大きな買い物を検討している場合に、「建売住宅」か「注文住宅」のどちらにするか悩むものです。

 

今まさに建売か注文かで悩んでいる方のために、ここでは、価格や購入の流れ、期間、その他様々な項目について徹底比較をしているのでぜひ参考にしてください。

 

それぞれのライフスタイルや予算によって適している住宅が異なってくるため、冷静になって考えることが大切です。

自分たちだけで考えるのも良いのですが、必要に応じて相談を行い、それを参考としましょう。

 

それでは、「建売住宅と注文住宅」を徹底比較していきます。

 

「建売住宅vs注文住宅 徹底比較!」の記事を読めばわかること

●建売住宅の平均価格は3,000万台後半、注文住宅は5,000万円弱

●購入の流れのわかりやすさ、かかる期間は建売住宅に軍配が上がる

●迷った時の相談は「知識がある・営業をしない・中立」が期待できるところで行う

●全国的に見た場合の双方の割合は、注文住宅の方が断然多い

 

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

 

 

1,最初にチェック!「建売住宅」と「注文住宅」を正しく理解

まずはじめに「建売住宅とは?」、「注文住宅とは?」それぞれの特徴について詳しく解説します。

 

(1)建売住宅とは?

 

建売住宅は住宅と土地をセットで購入するタイプのものです。

 

同じようなデザインが近所に建ち並ぶことが多く、すでに完成しているケースも見られますが、建築途中の物件もあります。

住宅購入をする人たちにとってとてもありがたい存在であり、注文住宅に比べると気軽に入手可能です。

 

1,メリット

  • 割安価格で購入できる
  • 間取り決めや材質選びなどをする必要がない
  • 早く引っ越しできる

 

2,デメリット

  • 独自性溢れる間取りや設計が不可能
  • 近隣住宅とデザインが似ることが多い
  • 自分の意見を組み込めない

 

「建売住宅とは?」について詳しくは、以下で解説していますので必ず事前いチェックしておきましょう。

「建売住宅とは?」をわかりやすく解説

 

(2)注文住宅とは?

 

注文住宅は自分の意見を反映させやすく、間取りや使用する材質にはじまり、他のあらゆる部分において希望を叶えることも可能でしょう。

 

自由になる部分が多いので理想のマイホーム作りが可能で、自分の住宅を持ちたい人にとって憧れの存在でしょう。

 

1,メリット

  • 自分だけの憧れのマイホームができ上がる
  • 事細かな部分にも希望を反映させやすい
  • 建築中の施行チェックを行いやすい

 

2,デメリット

  • 価格が高くなりやすい
  • 様々な手続きや検討が必要
  • 完成して引っ越すまでの時間が長い

 

「注文住宅とは?」について詳しくは、以下で解説していますので必ず事前いチェックしておきましょう。

「注文住宅とは?」をわかりやすく徹底解説!

 

2,「建売住宅と注文住宅」入居までの期間と流れの違い

「建売住宅と注文住宅」入居までの期間と流れの違い

次に、「建売住宅と注文住宅」の入居までの期間と流れはどのように違うのかについて見ていきます。

 

建売住宅と注文住宅を比較してみるといろいろな違いに気づくものです。

マイホーム購入に際して気になるのは、多くの場合、入居までの期間や流れではないでしょうか。

 

(1)建売住宅の場合

 

平均すると建売住宅の購入を検討し始めて契約するまで1年弱と言われていて、契約後実際に住むまでの期間は4ヶ月弱です。

合計すると「1年3ヶ月から1年4ヶ月程度」かかるというのが、よくある一般例です。

 

但し、建売の場合は希望の物件が見つかるタイミングが人により様々ですので、もしすぐに購入したい家が見つかった場合、3ヶ月から4ヶ月程度で新しい家に引っ越すことも可能です。

 

●入居までの流れ

 

1,予算決め

2,住宅ローンの準備

3,理想の家の条件を考え、それに応じた住宅を探す

4,購入に関する手続き

5,引き渡し、引っ越し

 

(2)注文住宅の場合

 

注文住宅の場合は建売住宅に比べて時間がかかり、本格的な見積りをし、依頼するまでに様々な工程を経なければなりません。

 

平均すると注文住宅の建築を検討し始めてから見積もりを取るまでの期間は「約19ヶ月」と言われています。

その後、依頼する業者を決めて実際に引っ越すまでの期間は8ヶ月ほどであり、これらを合計すると「約2年3ヶ月程度」必要です。

 

●入居までの流れ

 

1,予算決め

2,住宅ローンの準備

3,依頼する業者を探す

4,建築する土地を見つける

4,設計、間取りなどを検討

5,複数業者から見積りをもらい、依頼業者を決定

6,本格的な設計や打ち合わせを行う

7,契約をし工事に入る

8,引き渡し、引っ越し

 

以上が建売住宅と注文住宅の期間や流れに関する説明です。

 

比較してみると双方の必要期間や流れに大きな違いがあることが分かります。

そういった特徴を把握した上でどちらを選択するか決めるようにしましょう。

 

3,「建売住宅と注文住宅」価格差や諸費用について

「建売住宅と注文住宅」価格差や諸費用について

続いて、「建売住宅と注文住宅」の価格の違いや必要な諸費用について確認していきます。

 

建売住宅と注文住宅には期間や流れの違いの他にも、価格に関する違いも把握しておく必要があります。

ある意味ではこの違いこそが最大のポイントともいえ、しっかりと把握しなければなりません。

 

(1)建売住宅の価格と諸費用

 

●価格

 

建売住宅の価格は当然のことながら建築する地域によっても異なりますが、平均的には3,000万台後半が目安の価格です。

 

これには住宅建築費用の他に土地代金も含まれています。

決して安い金額ではないものの他の住宅タイプに比べると割安であり、また住宅と土地を一度にセット購入するため予算設定が行いやすいです。

 

●諸費用

 

必要になる諸費用は、「仲介手数料」「印紙税」「登記にかかる代金」などが必要です。

 

▶参考情報:建売住宅に必要な諸費用については、以下の記事を読めばよく理解していただけますので必ずご覧下さい。

新築戸建て購入時に本当に必要な諸費用とその内訳を解説【騙されないように!】

新築戸建て購入時の仲介手数料とは?払う必要あり?計算方法は?その仕組みを解説

 

(2)注文住宅の価格と諸費用

 

●価格

 

注文住宅は土地代金を含めて約5,000万円弱が目安金額となります。

 

注文住宅の場合は自らの意見を反映させるため、建売住宅以上に各住宅ごとの価格差が大きくなりがちです。

ですからやり方次第では平均費用よりもかなり安く収めることもできますし、逆も同様です。

 

注文住宅の場合は住宅を建築する前に土地を購入する必要があるためセット購入とはならず、資金管理は少々面倒です。

 

●諸費用

 

必要になる諸費用は、「設計代金」「土地の仲介手数料」「印紙税」「登記にかかる代金」「地盤調査費用」「地鎮祭費用」などがかかってきます。

 

建売住宅と注文住宅の価格の差はおよそ1,000万円超となりますが、これは本当にケースバイケースです。

どちらも選び方次第で予算を抑えることは可能です。

 

必要な諸費用は上記のように注文住宅の方がやはり多くなりますが、双方とも住宅ローンを利用する場合にはそれに関する費用も必要です。

 

▶参考情報:住宅ローンに関する諸費用については、以下の記事も参考にご覧下さい。

住宅ローン保証料とは?相場、計算方法、仕組みを解説【初心者向け】

 

4,「建売住宅 vs 注文住宅」項目別比較まとめ

「建売住宅 vs 注文住宅」項目別比較まとめ

次に、「建売住宅と注文住宅」を項目別に比較してみます。

 

建売住宅と注文住宅に関して項目別に比較すると、両者の違いがより見えてきます。

ここでは重要度の高い項目に関して説明していきます。

 

(1)理想実現度

 

この項目は、圧倒的に注文住宅に軍配が上がります。

 

住むことになる自分たちの思いを反映させられるため、理想的な住宅が作られるでしょう。

逆に建売住宅であれば理想を追い求めにくくなりますが、たくさんの物件を見学することにより、理想に近い住宅購入は可能です。

 

(2)建築途中の施工確認

 

注文住宅であれば必要に応じて建築中の施行チェックを行うことができます。

 

専門のチェック業者に依頼することも可能ですし、とにかく工事のクオリティに関して安心感が持てるでしょう。

建売住宅は残念ながら基本的に施行確認は望めませんが、実績豊富で安心できる業者を探すことにより安心感も得られるでしょう。

 

(3)価格面

 

価格については圧倒的に建売住宅が優れており、1,000万円や2,000万円といったレベルで違いが出てきます。

 

ただし価格が安いというのは自由度の低さなどに起因しているため、単純に「価格は安い=良い」というわけではありません。

 

(4)手続きの簡単さ

 

住宅購入や建築となると各種手続きが必要になります。

 

建売住宅は注文住宅に比べると行うべき手続きが少なく、面倒が少ないです。

 

5,「建売住宅」か「注文住宅」どっちが向いているか?

続いて、「建売住宅と注文住宅」それぞれに向いている人について確認しておきます。

 

建売住宅と注文住宅にはそれぞれメリットやデメリットがあり、いろいろな部分に違いが見られます。

それぞれ一長一短あり、一概にどちらが良いとはいえません。

 

結局のところマイホーム購入をする人によって、どちらが向いているかどうかが変わってくるわけです。

 

(1)建売住宅が向いている人

 

  • 予算を抑えたい人
  • それほど間取りなどにこだわらない人
  • 早いうちに引っ越ししたい人
  • 面倒な手続きを好まない人

 

(2)注文住宅が向いている人

 

  • 自分たちの意見を反映させた住宅を作りたい人
  • 引っ越しまでの時間に余裕を持てる人
  • 建売住宅には期待できない機能性を希望する人
  • オンリーワンを望む人

 

上記を参考に、慎重に検討することが大切でしょう。

 

6,「建売住宅」か「注文住宅」迷ったときはどこに相談すべき?

次に、「建売住宅か注文住宅」のどちらにしようか迷ったときの相談場所について解説していきます。

 

(1)中立的な立場で相談に乗ってくれる業者を利用する

 

建売住宅か注文住宅か迷った際には、専門家の意見も聞いてみるべきです。

 

住宅会社や建築会社、不動産情報サイトなどで相談窓口を設けています。

(※お知り合いに不動産屋さんがいらっしゃれば相談するのもよいと思います。)

 

おすすめは、「中立的な立場で相談に乗ってくれる業者」の利用が望ましいです。

ということは、自社のサービスを勧めたい住宅会社や建築会社などは不適当となる可能性も出てきます。

しかし貴重な情報を得られることは事実ですから、参考程度に情報収集してみるのも良いでしょう。

 

(2)最終的には自分自身で決めること

 

専門的ではないスタッフが相談に応じることもありますので、できれば建売住宅と注文住宅の双方に詳しい専門スタッフが相談にのってくれるところを選びましょう。

 

「それぞれの特徴」「金銭面の違い」「流れの違い」もしっかりと教えてくれ、なおかつ無料で対応してくれ、営業をしてこないところで相談することが重要です。

 

ただしあくまでも最終的には自分自身で決めるようにし、これらで得た意見は参考程度にとどめたいです。

 

7,「建売住宅」と「注文住宅」全国的に見た割合は?

最後に、「建売住宅と注文住宅」の全国的に見た割合について確認しておきましょう。

 

住宅購入を検討している場合、全国的に見た建売住宅と注文住宅の割合は気になるものです。

 

建売住宅の方が多いというイメージもありますが、実際のところは注文住宅の方が多くなっています。

 

しかし都市部の場合は少々状況が異なり、「土地費用が高く予算を抑えたい」などの理由から建売住宅を選ぶことが多いようです。

地方に行けば行くほど建売住宅の割合は減り、注文住宅の建築するケースが見られやすくなります。

 

住宅購入において土地の価格は大きな要素となるので、その価格が「建売住宅」か「注文住宅」を選択する時に意味を持ってきます。

 

8,まとめ

建売住宅と注文住宅には価格や流れをはじめとした様々な異なる点が見られます。

価格は平均的に1,000万円以上違ってくることが多く、必要な期間は圧倒的に注文住宅の方が長くなってしまいます。

ただし双方ともにメリットやデメリットがあるため、自分たちの予算状況やライフスタイルにどちらが応じているのかを確認した上で選択したいです。

必要に応じて安心できるところで相談を行い、それを参考として後悔のないように、建売住宅か注文住宅のどちらかに決めましょう。

 

9,【関連情報】建売住宅と注文住宅に関するお役立ち情報

本記事では、『「建売住宅vs注文住宅」徹底比較!価格や入居までの期間など違いを解説』というテーマで、建売住宅と注文住宅をいろいろな項目で比較をしてきました。

他にも建売住宅や注文住宅に関してはそれぞれ知っておくべき情報がたくさんあります。そのため、以下では関連情報としてまとめて掲載しておきますので、参考にご覧ください。

 

(1)建売住宅に関するお役立ち

「建売住宅とは?」をわかりやすく解説

パワービルダーとは?どこよりもわかりやすく解説

「建築条件付き土地とは?」どこよりもわかりやすく解説!

 

(2)注文住宅に関するお役立ち

「注文住宅とは?」をわかりやすく徹底解説!

 

 

記事作成日:2019年05月27日
記事作成者:希野 通貴




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。いろいろな不動産屋で売上ナンバーワンを達成してきた元不動産屋営業マン「希野 通貴」です。戸建て・マンションを購入する方が失敗しないように、中立な立場で必要な現役の時には決して言えない情報も含めて発信していきします。初めて戸建て・マンションを購入するされる方は、「右も左もわからない」、「高額な買い物なので不安だらけ」のような気持ちでいらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?そんな方のために初心者向けに必要な情報ばかりを厳選して掲載しています。元不動産営業マン「希野」が教える「家・マンション購入」の本音情報を教えます。また詳しい「運営者情報」もよろしければ参考にご覧下さい。