東京で新築一戸建てが仲介手数料無料のおすすめ不動産会社情報!

東京で新築一戸建てが仲介手数料無料のおすすめ不動産会社情報!




これから一戸建てのマイホームを購入される方に、すでにご存知の方もいらっしゃると思いますが、知っておくと得する情報をお届けします。

マイホームを購入する際、土地や物件の購入費用だけでなく頭を悩ませるのが購入時に必要な諸費用ですよね。

賃貸のときは「まあ、いいか」とついつい妥協してしまう価格帯ではありますが、購入となると話は別です。

数千万の大きなお買い物をするにあたっての諸費用はかなり高額な費用が必要になってきます。

 

▶参考情報:お家を買う時に必要な諸費用については、以下の詳しい解説をご覧下さい。

新築戸建て購入時に本当に必要な諸費用とその内訳を解説【騙されないように!】

 

そして、諸費用の中でも高額になりやすい項目のひとつが「仲介手数料」です。

 

例えば、5000万くらいの戸建てを購入しようとすると約150万前後の仲介手数料がかかってきます。

150万て、、大きいですよね・・。

しかし、この仲介手数料なんですが、昨今、ネットで調べているとこんな不動産屋さんが増えています。

 

「戸建ての購入に必要な仲介手数料は無料です」=「仲介手数料無料の不動産屋です」

 

といった不動産屋さんです。

仲介手数料が無料の不動産会社は年々増加している傾向にあり、実際に一戸建ての住宅物件の購入をされる方も、利用者が増えているように思います。

 

そこで今回の記事では、東京都における仲介手数料無料の物件の探し方や業者選びのコツ、物件探しの方法や仲介手数料の相場をご紹介していきます。

 

それでは「東京都」の情報をご覧下さい。

 

「東京で新築一戸建てが仲介手数料無料に」の記事を読めばわかること

●仲介手数料無料の不動産会社の選び方には様々なポイントがある

●「すまいーだ」、「スーモ(SUUMO)・アットホーム(at home)・ホームズ(HOME’S)などの不動産ポータルサイト」、「レインズ」を利用することで、仲介手数料が無料の物件探しができる

●東京都の戸建住宅の仲介手数料相場は、「東京都内23区エリアで150万以上〜」、「東京都内23区エリア以外で100万以上〜」

●仲介手数料無料業者を利用することでトラブルに巻き込まれる可能性も

 

それでは以下で詳しく見ていきましょう。

 

 

1,「仲介手数料無料とは?」その仕組みやカラクリをご紹介

新築戸建て購入時の仲介手数料とは?払う必要あり?計算方法は?その仕組みを解説

現在、東京で新築や中古の一戸建てを探されている方の中で、仲介手数料の言葉は知っている方がほとんどだと思いますが、その仕組みを正しく理解している方はいかがでしょうか?

 

「当たり前のように必要なもの」

「金額は不動産屋の提示した値段」

 

など、ぼんやりご自身のさじ加減で理解されていませんか?

ここでは、そのような方のために、まず最初に、「仲介手数料無料とは?」その仕組みについて解説していきます。

 

前述してきたとおり、一戸建て住宅を購入の際には、仲介手数料の金額も大きくなるのでその存在がとても気になります。

不動産会社の中には、仲介手数料無料をうたっているところが増えてきていますが、その仕組みを正しく理解しておきましょう。

 

「そもそも仲介手数料とは何なのか」

「なぜ仲介手数料が無料になるのか?」

 

その他の重要ポイントなども含めて知っておくべきです。

仲介手数料の基本的な仕組みをはじめ、相場や支払いの必要性、無料にするための方法などを把握しておけばOKです。

 

戸建てのマイホームを購入する際に気になる「仲介手数料」については、以下でわかりやすく徹底解説していますので、 「仲介手数料を正しく理解されていない方」は、まずこの記事を読む前に以下の解説記事からご覧下さい。

 

▶参考情報:「新築一戸建て購入時に必要な仲介手数料とは?」について詳しくは以下の記事でご紹介しています。

新築戸建て購入時の仲介手数料とは?払う必要あり?計算方法は?その仕組みを解説

 

2,一戸建ての仲介手数料無料の「不動産会社の選び方」ポイント!

建売住宅の仲介手数料が無料の「不動産会社の選び方」ポイント!

次に、「一戸建ての購入時に仲介手数料無料になる不動産会社の選び方」について重要なポイントを見ていきます。

 

建売住宅のマイホーム購入時に、仲介手数料が無料の不動産会社を選ぶ際に注意したいポイントがいくつかあります。

住宅は高い買い物なので購入費用以外の仲介手数料やその他の諸費用についてもチェックしましょう。

 

(1)サポート体制の状態を確認する

 

高額な買い物となる戸建て住宅の購入ですが、仲介手数料無料の場合サポート体制が手薄になるケースも見られます。

しかし購入者が様々な物件の詳細確認を行えるわけではないので、どうしても不動産会社の力が必要になります。

そんな時にサポート体制が手薄だと購入者にとって不利な状態になりかねず、例え手数料が無料であってもその他の取引や費用、契約の詳細において不利になることもあります。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

これも前段で少し記載とおり、通常の仲介手数料の発生する不動産屋より利益が半分なんで、できるだけ手をかけたくないと思っている不動産屋も多いので、サポート体制なども必ずチェックが必要です。

 

(2)「希望していない物件を買わそうとしてくる」購入者目線に立ってない業者は使用すべきでない!

 

仲介手数料が無料であっても、購入者目線に立ってない業者は利用すべきではありません。

 

だいたいの不動産会社の営業マンはとにかく月々の売上に追われていると思って下さい。

そのため、早く売りたいがために、売主の意向ばかりを重視するケースや、自分たち仲介業者の利益だけを考えるところも少なくありません。

購入者のことを考えていない業者を利用してしまえば、購入前だけでなく実際に購入した後も何らかのトラブルに巻き込まれる可能性があります。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

仲介手数料無料の不動産屋さんは、通常の仲介手数料が発生する不動産会社の利益より半分になります。

そのため、以下のような購入者の気持ちにより添えない業者がはっきりいって存在しています。(元不動産屋だから裏事情知っています)

 

例えば・・

●とにかく自分たちのお客さんになる可能性が近い人しか相手しない。

●自社を絶賛して、同業他社の陰口や「こんな不動産屋に注意」などとったあたかも自分ところは大丈夫的な心理誘導を使う不動産屋もいますが、実際は表立って他社を悪くいう不動産屋に誠実な不動産屋はないと思って下さい。

●利益が通常の半分なため、「なにかしたら理由をつけて一緒に希望の物件を探してくれません」=物件を探したり、内覧などは時間と手間がかかるため、とにかく無駄な動きをしたがらない不動産屋もあります。

●仲介手数料無料になる物件(自分たちの利益になる物件)ばかりをおすすめして、購入者側の希望や条件をねじふせて、それらの物件をおすすめしてきます。

●無理やり建売物件を購入させるために「賃貸と購入の比較」「建売とマンションの比較」「建売住宅注文住宅の比較」等、色々なシミュレーションを見せられて、結果、建売を購入したほうがよいと無理におしつけてきたりします。

●早く契約したいから、住宅ローンについても本当に最適な金融機関など提案してくれないケースが多いです。「住宅ローンに強い不動産屋」とWebサイトにかいてても、結局つきあいのある金融機関しか進めてきません。

 

等、上記のように購入者によりそえない不動産屋さんばかりではないですが、それでもこういった不動産屋さんも多いのは事実なんで、しっかりと自分たちのことを真剣に考えて、行動してくれる不動産屋さんを選べるようになっておきましょう。

 

(3)レスポンスの速さや誠実さも重視する

 

前述したとおり、仲介手数料が無料ということは不動産会社に入ってくるお金は当然少なくなります。

結果的にたくさんの契約を取らなくてはならなくなり、1人の担当者がかなり多くの顧客を持つ例もあります。

すると購入希望者が何らかの連絡をした際のレスポンスが遅くなる可能性もあるので要注意です。

連絡の素早さや正確さは、不動産会社の信頼度を図る際にとても重視すべきポイントです。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

営業マンは、自分たちが取り扱いできる物件をいち早くレスポンスしますが、そうでない取り扱いができない物件に対しては、レスポンスが遅かったり、ときに返事がなかったりすることもあります。

自分たちの取り扱いができる時はどんな不動産会社でもレスポンスは早いですが、よい不動産屋を見極めるポイントは、取り扱いができない物件を問い合わせた時にどんなレスポンスをされるか?を見て、判断するとよいでしょう。

これは、私が営業マン時代に気をつけていたポイントのひとつでもあり、これも売上をトップを達成し続けた要因のひとつであると思ってます。

 

など、細かい点をあげればまだまだあるのですが、最低限必ずチェックしてもらいたいポイントを3つここではご紹介いたしました。

 

●サポート体制はどうか?

●購入者目線かどうか?

●レスポンスの速さはどうか?

 

このあたりは、しっかりと不動産屋さんを選ぶ際にチェックしておくことを強くおすすめします。

 

3,東京都で仲介手数料無料の建売物件を簡単に探す方法

続いて、「東京都で仲介手数料無料の一戸建てを簡単に探す方法」について確認しておきます。

 

建売住宅を扱う東京都の不動産業者は多数あります。

さらに仲介手数料無料の一戸建て物件自体も数多いのも東京の特徴のひとつです。

そのため、東京都府全体の建売住宅自体の母数が絶対的に多いので、手数料が無料の物件を探すのは手間がかかります。

ここでは、そんな状況の中でも、簡単に東京都の中で仲介手数料が無料にある一戸建ての探し方をご紹介しておきます。

 

(1)パワービルダーの物件を探してみましょう!

 

まず最初に、誰もが簡単に探す方法は、「パワービルダー」と呼ばれる不動産会社の物件を探してみましょう。

パワービルダーの物件は、そのすべてが仲介手数料無料となっています。

ということは、パワービルダー物件を優先的に探すことで、仲介手数料無料の建売住宅を見つけやすくなります。

 

▶参考情報:「パワービルダー」について詳しくは以下の記事で解説しています。詳しく知りたい方はご覧になってください。

パワービルダーとは?どこよりもわかりやすく解説

 

実際にパワービルダーの物件を簡単に探す方法は以下のサイトを活用してみてください。

 

1,飯田グループホールディングスが運営する「すまいーだ」を活用する

すまいーだのWebサイト

写真は、「すまーだ」のホームページのトップページです。

 

すまいーだ」は、「飯田グループホールディングス」が運営している日本全国規模の情報サイトであり、東京都の情報もしっかり掲載されています。

具体的なエリア別の検索やその他価格、間取り、階数など多種多様な条件をもとに仲介手数料無料の物件を探し出せます。

実際に「すまいーだ」を利用している人は多く、スムーズな物件探しに繋がるでしょう。

 

2,「スーモ(SUUMO)・アットホーム(at home)・ホームズ(HOME’S)」など不動産ポータルサイトを活用する

「スーモ(SUUMO)」のWebサイト

写真は、「スーモ(SUUMO)」のホームページのトップページです。

 

皆さん、ご存知だと思いますが、「スーモ(SUUMO)アットホーム(at home)ホームズ(HOME’S)」などのポータルサイトを使ってで東京都の仲介手数料無料の物件を探すのもひとつの方法です。

具体的には以下のような方法です。

 

(1)まずは「スーモ(SUUMO)・アットホーム(at home)・ホームズ(HOME’S)」などの不動産ポータルサイトで、東京都の物件情報を検索する。

(2)気になる物件があれば仲介手数料無料の物件かどうか不動産屋さんに問い合わせをする。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

不動産屋さんに問い合わせをする際に、次の段落でご紹介する「仲介手数料が無料になる不動産屋さん」に問い合わせることがポイントです。

そうれでなければ、本来仲介手数料無料になる物件でも不動産屋さんによっては、仲介手数料をとられてしまうので問い合わせする不動産さん選びには注意しましょう。

詳しくは次の段落の「不動産屋さん一覧」をご覧ください。

 

(3)問い合わせをした不動産屋さんから仲介手数料無料になる物件かどうかの回答待ち。

 

実際に不動産屋さんに問い合わせを済ませたら、後は不動産屋さんからの回答待ちです。

回答があれば、問い合わせをした物件が仲介手数料無料かどうか判明します。

 

ざっくりですが、このような流れとなります。

 

3,「レインズ」を活用する

 

「すまいーだ」や「スーモ(SUUMO)・アットホーム(at home)・ホームズ(HOME’S)」などの不動産ポータルサイトの活用以外にも、「レインズ」を利用して仲介手数料無料になる物件を探す方法があります。

ただし、残念ながら前述した「すまいーだ」や不動産ポータルサイトと違って「レインズ」は個人で利用することはできないんです。

「レインズ」については、以下をご覧下さい。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

「レインズ」は、不動産会社だけが利用することができる不動産流通標準情報システムです。

多くの不動産会社が売主より売却された際に、その物件情報をこのシステムに登録します。

そのため、自分で確認することができないので不動産会社に行き調べてもらう必要があります。

▶参考情報:「レインズ」に関する解説はこちらも参考にご覧下さい。

 

整理しますと、「レインズ」で仲介手数料が無料になる物件かどうか調べてもらったり、あるいは仲介手数料が無料になる物件をリストアップしてもらったりするには、不動産屋さんに相談して「レインズ」で調べてもらう必要があります。

仲介手数料が無料の物件情報を教えてもらえますが、この調査作業自体が面倒なものなので不動産会社の担当者に嫌な顔をされる可能性もあります。(※このあたりの対応の仕方も、不動産屋を見極める時のポイントです。)

 

上記3つの方法で、効率的に東京都の仲介手数料無料の建売物件を見つけ出すことができますので、覚えておきましょう。

 

4,東京都で一戸建てが仲介手数料無料で購入できるオススメの不動産会社一覧

それでは、実際に「東京都」エリアで、仲介手数料無料の不動産会社を一覧でご紹介いたしますので、気になる不動産屋さんがありましたら、問い合わせをしてみてくださいね。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

以下では、都内23区、23区以外とエリアに分けていますが、基本は(一部を除き)戸建て物件の紹介はどこの不動産屋でも仲介はできますので、特にご近所の不動産屋さんでなくても大丈夫ですよ。

「物件のある場所の近くの不動産屋さんに行ったほうが有利かも?」と思われてる方がたまにいらっしゃるのですが、物件については特に有利なことはないです。

ただ物件の近くということで、その地域の周辺情報や環境などについては、全く別の場所にある不動産屋さんより詳しいと思うので、そのあたりのメリットはあるかもしれません。

 

(1)東京都内23区にある仲介手数料無料の不動産屋

 

1,【千代田区】REDS(レッズ) (運営会社:株式会社不動産流通システム)

REDS(レッズ) (運営会社:株式会社不動産流通システム)のWebサイト

●主な対応エリア:

東京23区、首都圏全域

●住所:〒101-0023 東京都千代田区神田松永町10番地 長谷川ビル702号室
●電話番号:0800-100-6633(お客様フリーコール)
●URL:https://www.reds.co.jp/

 

(2)東京都内23区以外にある仲介手数料無料の不動産屋

 

1,【国立市】ゼロスマ (運営会社:ゼロスマ株式会社)

ゼロスマ (運営会社:ゼロスマ株式会社)のWebサイト

●主な対応エリア:

立川市、国立市、国分寺市、日野市、府中市、武蔵野市、八王子市、小金井市、調布市、町田市、三鷹市、小平市、昭島市、あきる野市、稲城市、青梅市、清瀬市、狛江市、多摩市、西東京市、羽村市、東久留米市、東村山市、東大和市、福生市、武蔵村山市

●住所:〒186-0003 東京都国立市富士見台4−9−3佐藤ビル2F
●電話番号:042-505-7145
●URL:https://urn.co.jp/

 

5,東京都で戸建て住宅を購入する際の仲介手数料の相場は?

次に、「東京都の建売住宅を購入の際の仲介手数料の相場」について詳しく解説します。

 

東京都で新築戸建物件を購入する際の仲介手数料の相場も気になりますよね。

無料のところで購入できれば良いですが、そうでない場合は相場を知っておくと損をしにくくなりますし、安心して利用できる不動産会社の選定にも役立ちます。

 

(1)東京都の仲介手数料の相場は「東京都内23区エリアで150万以上〜」、「東京都内23区エリア以外で100万以上〜」が多いです。

 

都内23区エリアと都内23区エリア以外の地域では、物件購入時の仲介手数料の相場はかなり異なります。

東京はやはり全国トップクラスで高く、相場は契約1件当たり最低でも「東京都内23区エリアで150万以上〜」、「東京都内23区エリア以外で100万以上〜」だといわれています。

これはすべての価格帯の物件の平均価格です。

 

(2)仲介手数料の計算方法

 

仲介手数料の上限は、「(売買価格×3%+6万円)×消費税」と法律により仲介手数料の上限は定められています。

東京都はご存知のとおり地方に比べると土地や物件自体の価格がとても高いので、例えば5,000万円の建売住宅を購入し、掛率を2.2%で計算すると、「(5,000万円×2.2%)×消費税=1,210,000円」となり、掛率を3%で計算すると、「(5,000万円×3%)×消費税=1,650,000円」となります。

どんなに安いエリアを探しても平均3,000万円はしますが、このケースでも例えば、3,500万円の建売住宅を購入し、掛率を2.2%で計算すると、「(3,500万円×2.2%)×消費税=831,600円」となり、掛率を3%で計算すると、「(3,500万円×3%)×消費税=1,134,000円」となります。

 

不動産会社によって異なりますが、東京都エリアにおける仲介手数料の相場は、「東京都内エリアで150万以上〜」、「東京都内中心エリア以外で100万以上〜」と覚えておいていただくとよいでしょう。

 

6,仲介手数料無料でよく聞く不動産トラブルとは?

仲介手数料無料でよく聞く不動産トラブルとは?

続いて、「仲介手数料無料の物件でよくある不動産トラブル」についても解説しておきます。

 

戸建住宅の購入者にとって厄介なのは仲介手数料ですから、その手数料が無料の不動産会社は大きな味方となるでしょう。

しかし仲介手数料無料だという点ばかりに気を取られていると、様々なトラブルに巻き込まれてしまいます。

おすすめの不動産会社とそうではない不動産会社の違いを知り、どういったトラブルが発生する可能性があるかを見極めましょう。

 

(1)仲介手数料をそれ以外の費用として(項目を変えて)請求される

 

仲介手数料という請求項目ではないものの、全く別の新規請求項目を作り購入者に請求するケースも見られます。

それでは手数料が無料の意味はありませんし、巧みな方法で購入者を欺いていることになりかねません。

ですので例え手数料が無料であっても、その他に本来必要のない費用項目がないかをチェックしてください。

 

▶元不動産営業マン「希野 通貴」からのワンポイントアドバイス!

とにかくあの手この手で利益をあげようとする不動産会社も多いです。 実際に諸費用の明細を見ると、「えっ、こんな項目いらいないし・・」「えっ、この項目必要だけど、そんな高額な費用はいらないし・・」など、購入者は何もわからないので「そんなもんなんだ」と思ってしまいがちなんです。

確かに諸費用の多くは、実際に必要な項目だと思っていただいて基本は良いと思いますが、その中に不自然な項目(何に対してかかる費用なのか?)がある際は、わかるまで確認したり調べるのが絶対損をしないポイントです。

 

以下では、実際に戸建てのお家を購入する際に必要な諸費用について解説していますので、必ずチェックしておきましょう。

▶参考情報:新築戸建て購入時に本当に必要な諸費用とその内訳を解説【騙されないように!】

 

(2)売主が販売しているケース

 

売主から不動産仲介会社に依頼して販売する際は、購入者側も仲介会社から住宅を購入する必要がありますが、この場合は、基本的にその仲介手数料を支払う義務があります。(例外あり)

しかし販売形態が売主が販売しているケースは、そもそも購入者側が仲介手数料を支払う必要はありません。

そういった事情を知らない購入者に対して、「本来は仲介手数料が必要だけれど無料にする」と伝え、あたかも本当は支払う必要があったように装うこともあります。

そういった業者は信頼できないことも多いので注意しましょう。

購入の際にははどのような形態で販売されているのかを確認してください。

 

(3)アフターサポートによるトラブル

 

仲介手数料が無料だからという理由で適切なアフターサポートが受けられないケースも見受けられます。

しかし手数料を支払っているかどうかにかかわらず、そもそも住宅を売却すると業者側はアフターサポートをする義務が発生します。

その義務を手数料無料を言い訳にして逃れる…ということもあり得るのです。

 

以上のような不動産トラブルがありますし、それ以外にも様々なトラブル例があります。

ただ、仲介手数料が無料の不動産会社=ダメというわけではなく、安心して利用できるところもありますので、選び方が重要ということです。

 

7,一戸建ての購入で仲介手数料無料の不動産会社を選ぶデメリット

最後に、「仲介手数料無料の不動産会社を選ぶデメリット」についても知っておきましょう。

 

建売住宅の購入において仲介手数料が無料の不動産会社を選択することには、メリット以外にデメリットもあります。

 

(1)選ぶことができる物件の数が減少する

 

一戸建て住宅の物件の中には仲介手数料が無料のものもありますし、不動産会社の努力で無料化しているところもあります。

 

しかし、知っておく知識として、売主の販売形式によって仲介手数料が無料になるケースとならないケースがあり、全部の物件が無料になるわけではありません。

結果として購入予定者が選ぶことができる住宅物件の数が減少するので、自然と自分に最も合った住宅選びが困難になる場合があります。

 

こういったデメリットが様々考えられるので、購入を予定している際には冷静になり、仲介手数料以外の部分にも目を向けて検討しましょう。

 

(2)責任を果たしてくれない不動産会社がある

 

これは仲介手数料が無料であっても有料であっても考えられるデメリットですが、無料だということを言い訳にする例も見られます。(※利益率が低いので、それを言い訳にするケースけっこう見受けられます)

準委任契約も行うと適切な形で購入に関するサポートしなくてはなりません。

にもかかわらず、責任の果たそうとしない業者が見受けられるのはデメリットです。

 

8,まとめ

一戸建て住宅の購入を検討している方々にとって仲介手数料はとても大切なポイントになります。

東京都にも仲介手数料無料の不動産会社があり、手数料が無料の物件もたくさんあります。

しかし選ぶ際には不動産会社の善し悪しを見極めなくてはなりません。

業者選びの際のポイントや手数料無料の物件探しの方法、相場についてなど把握しておきましょう。

それによって賢い建売住宅の購入が可能になるでしょう。

 

9,【関連情報】東京都以外の仲介手数手数料無料のおすすめ不動産屋情報

今回の記事では、「東京で新築一戸建てが仲介手数料無料のおすすめ不動産会社情報」をまとめてご紹介いたしました。

この記事をご覧になられた方の中には、東京都以外にもマイホームを候補エリアをお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

そんな方のために、東京都以外の戸建てが仲介手数料無料になるおすすめの不動産屋情報も以下で関連情報としてご紹介しておきますので、気になる方はご覧下さい。

大阪の新築戸建が仲介手数料無料に!おすすめ不動産会社をまとめました。

 

 

記事更新日:2019年12月02日
記事作成者:希野 通貴




ABOUTこの記事をかいた人

アバター

こんにちは。いろいろな不動産屋で売上ナンバーワンを達成してきた元不動産屋営業マン「希野 通貴」です。戸建て・マンションを購入する方が失敗しないように、中立な立場で必要な現役の時には決して言えない情報も含めて発信していきします。初めて戸建て・マンションを購入するされる方は、「右も左もわからない」、「高額な買い物なので不安だらけ」のような気持ちでいらっしゃる方がほとんどではないでしょうか?そんな方のために初心者向けに必要な情報ばかりを厳選して掲載しています。元不動産営業マン「希野」が教える「家・マンション購入」の本音情報を教えます。また詳しい「運営者情報」もよろしければ参考にご覧下さい。